紙幣が20年ぶりに刷新!とうとう1万円も福澤諭吉から交代へ

お金

これまで1万円といえば福沢諭吉でしたよね。

前回5千円札と千円札が変わったときも、福沢諭吉だけは変更ナシでした。

それがとうとう前回から20年ぶりの刷新で、福沢諭吉も1万円札から交代(勇退)となりそうです。

20年ぶりの紙幣刷新で1万円は福沢諭吉から渋沢栄一へ

2019年4月9日0時過ぎのフジテレビニュースで紙幣の刷新が20年ぶりに行われ、9日中にも政府から発表される見込みと報じました。

前回の紙幣刷新でも交代のなかった1万円札の福沢諭吉も今回で交代(勇退)になっちゃうようですね。

【刷新予定】

  • 1万円札:福沢諭吉→渋沢栄一
  • 5千円札:樋口一葉→津田梅子
  • 千円札:野口英世→北里柴三郎

新1万円札の顔!渋沢栄一とは

渋沢栄一と言えば埼玉県の誇る人物ですよ。

子供のころ埼玉県の郷土かるたで何度も耳にしましたしね。「日本の産業育てた渋沢翁」ですよ。

現・埼玉県深谷市の豪農の生まれです。

農業との兼業で養蚕などを手がけており、家柄的に商売に関連する知識は豊富だったものと思われます。

後に大蔵省入省、国立銀行条例制定にかかわり、日本近代経済の父とも言われる偉人です。

今でもある多くの地方銀行の設立を指導したり、帝国ホテル、京阪電鉄、キリンビールなど大企業の設立にも、ヨーロッパで学んだ渋沢の思想が活かされているんですね。

しかもとても公益性を重んじる人で私利に走らないというのが生涯の信念だったそうです。

初代紙幣頭(後の印刷局長)でもあり、今までも紙幣の顔の候補になったことはありましたが、今回でやっと実現することになります。

新5千円札の顔!津田梅子とは

津田梅子は現・津田塾大学の創立者としてよく知られていると思います。

日本の女性教育のさきがけですね。

日本の価値観や結婚観に違和感を持ち、アメリカで日本女性の研究をしていることを知って日本も女性教育が必要だという思いに至ったとされています。

津田梅子のような人がいなかったら、今の女性が活躍する社会は確実にもっと遅れてたでしょうし、もしかしたらこうなっていなかったかもしれません。

新千円札の顔!北里柴三郎とは

北里柴三郎は熊本県出身の細菌学者で、現・北里大学北里研究所の創立者です。

日本の細菌学の父と言われ、ペスト菌を発見・破傷風の治療法も開発したのが北里柴三郎です。

破傷風の治療には、破傷風菌だけを培養して調べる必要があったそうですが、これがかなり難しく根気の入る作業なんだそうです。

日本人的な忍耐なのか、北里柴三郎は独自の装置で破傷風菌だけを培養することに成功。

かかった場合なくなる可能性のとても高い破傷風から人々を救ったのです。

今回のまとめ

  • 紙幣の刷新は20年ぶり、だいたい20年周期で行われてきている
  • 福沢諭吉が1万円勇退

なんか5千円札は女性枠、千円札は医学者枠になりつつありますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台風19号(2019)に2つ目の目!?二重眼は日本でも過去にあったのか?

原田隆司(豊田市議)の経歴プロフィール・顔画像は?

台風3号(2019)米軍と日本の進路予想!梅雨前線の影響で大雨がヤバイ!?

貝毒情報の入手方法と注意ポイントまとめ【潮干狩り】

アドレスホッパーとホームレスの違い|決定的なのはアレのありなし

食玩(おまけ付きお菓子)軽減税率のしくみと消費税は?買う時の見分け方は?