濱田美栄(関大コーチ)現役時代の画像や成績は?教え子は本田真凜や宮原知子

名だたる一流スケーターをコーチしている濱田美栄さん。

関大でコーチとして名選手を次々と指導しているんです。

コーチとしてすばらしい実績があるということは現役時代の濱田美栄さんはどんな選手だったのか気になりますよね!

選手としての実績とコーチの実績は必ずしも比例しないけど、元スケーターとのことで調べてみました。

またどんな教え子たちを指導しているのか、過去に指導した選手も調査しましたよ!

濱田美栄の経歴プロフィール

  • 名前:濱田美栄(はまだ・みえ)
  • 生年月日:1959年10月29日
  • 年齢:59歳
  • 出身地:京都府京都市
  • 学歴:京都市立藤森中学校→京都市立日吉ヶ丘高校→同志社大学卒
  • 職業:フィギュアスケートコーチ

濱田美栄さんは9歳ごろからスケートを始めたそうです。

特にフィギュアスケートにのめりこむきっかけとなったのが、1972年に開催された札幌冬季五輪だったとか。

札幌オリンピックの女子フィギュアで当時銅メダルを取ったジャネット・リンさんの演技を見て、より深くフィギュアスケートの世界に引き込まれたそうです。

ジャネット・リンさんと言えば失敗しても終始笑顔ですべり切り、「札幌の恋人」などと呼ばれた人気選手でした。

このように観客を魅了するフィギュアスケーターになりたいと濱田美栄さんが思っても当然だったかもしれませんね!

濱田美栄の現役時代の画像や成績は?

気になる濱田美栄コーチの現役時代の画像を発見!

それがこちらです。

やっぱり細いし足も長いですね!

濱田美栄コーチの現役時代は全日本選手権に6回出場されていて成績の最高位は10位です。

オリンピックには残念ながら出場したことはなく、同志社大学を卒業と同時期に現役を引退されています。

濱田美栄さんは2年間アメリカにスケート留学の経験があり、世界と日本のフィギュアのレベルの差を痛感したそうです。

確かに現役時代の1980年ごろは最高でも渡部絵美さんが世界選手権で4位でしたから、実際に差を肌で感じた濱田美栄さんは悔しい思いとともに指導者を志したのかもしれませんね。

そう考えると最近の浅田真央さんらの活躍はとてもスゴイわけです。

現在の日本女子フィギュアの発展の陰には濱田さんの指導もあると言えると思います。

濱田美栄(関大コーチ)の教え子一覧!宮原知子や紀平梨花も

【2019年現在指導している教え子】

宮原知子 2018年平昌五輪4位
2016年四大陸選手権優勝
2015年世界選手権2位
白岩優奈 2015年JGPコロラドスプリングス・JGPログローニョ優勝
紀平梨花 2019年四大陸選手権優勝
2018年グランプリファイナル優勝

【過去にコーチングした教え子】

本田真凜 2015年ジュニアGPファイナル3位
2016年世界ジュニア選手権優勝
神崎範之 2006年全日本選手権4位
太田由希奈 2003年世界ジュニア選手権・2004年四大陸選手権優勝
澤田亜紀 2005年全日本ジュニア選手権優勝・2005年JGPファイナル2位
北村明子 2005年JGPモントリオール優勝
金彩華 2007年韓国選手権優勝
村元小月 2009年トリグラフ杯優勝
村元哉中 2010年・2011年トリグラフ杯2位
加藤利緒菜 幼少期に指導
木原万莉子 2016年トリグラフトロフィー優勝

最近では髙橋大輔選手とアイスダンスでペアを組んで次の冬季五輪を目指すという村元哉中さんも濱田美栄コーチの教え子さんだったんですね!

私は太田由希奈選手のファンだったのですが、濱田美栄コーチの教え子さんはみんな芸術的な滑りが魅力的な選手が多いなという印象がありますね。

最近はジャンプもできないと良い成績が取りづらいルールですが、やはり見ていても惹かれる滑りができる選手を育てるという濱田美栄コーチの指導力は高いのだと思います。

濱田美栄コーチの指導はクラッシャーと呼ばれるほど厳しいって本当!?

濱田美栄さんを調べようとして検索すると出てくる「クラッシャー」の単語。

何やら怖そうですが実際に濱田美栄コーチの指導は厳しく、ほとんど選手をほめることもないんだとか。

このことは濱田コーチを特集した番組「情熱大陸」でも取り上げられていました。

昨今はスポーツ指導でもパワハラなどが叫ばれるようになったり、叱られたことがないお子さんも多いと話題ですよね。

そうなると褒めない、言葉がキツイコーチはともすると批判を浴びかねません。

しかし濱田美栄コーチがここまで実績のある教え子を輩出しているのは、選手と信頼関係ができているからこそだと思います。

私もスポーツ指導の経験がありますが、本当に教えるって難しいです。

濱田美栄コーチはご自身でも世界のレベルを経験し、そこに勝っていくにはということを突き詰めると「厳しい」と言われるレベルが世界レベルの練習やトレーニングなんだと知っているんでしょう。

教え子もそこに「本当さ」を感じたり、自分のために言っていると分かるからついていけるわけで。

選手のためを思う気持ちが伝わっているから素晴らしい実績が出ているんだろうなと思いました。

クラッシャーと呼ばれてしまうのは不本意だと思いますが、合わない人がいるのは当然です。

合わずにスケートを辞めてしまった方もいるのは事実だと思いますが、だからと言ってクラッシャー(潰した)ともすぐには言えないんじゃないかなと個人的には思いますね。

今回のまとめ

  • 濱田美栄は現役時代は全日本選手権に6回出場している
  • 教え子は宮原知子や紀平梨花などオリンピアンも!
  • 厳しい指導で選手をほめることはほとんど無いとのこと
  • 検索で「クラッシャー」と出てくるが、厳しさゆえに合わずに辞めた人もいるからと思われる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八村塁の試合はいつから見れる?NBAの試合日程・視聴方法まとめ

皇治(K-1)の経歴プロフィールまとめ!愛車やファッションのメーカーブランドは?

堀尾謙介のメガネのブランドはどこのもの?モデル名や価格まとめ

サニブラウン世界陸上2019のスタート音は不具合?出遅れの言い訳?

イチローはアマチュア指導者に!?今後は後進の育成に期待

里井監督(立命館宇治野球部)のパン屋場所はどこ?兼業の理由と評判は?