NHKプラスの申し込みと認証方法まとめ!追加料金かかる?

2020年4月1日からついにNHKのネット配信がスタートすることが発表されました。

気になるのは、

  • 受信料にプラス追加料金がかかってしまうのか
  • 払ってない人も見れたら不公平だ

ということですよね!

今回はNHKのインターネット常時配信&見逃し配信サービスである「NHKプラス」についてまとめていきますね。

NHKプラスは受信料を払っていれば追加料金不要

NHKの新しいサービス「NHKプラス」はNHK放送受信料を払っていれば追加の負担なく利用できると発表されました。

だからといって誰でも無料で利用できるようにはなっていません。

  1. NHKプラスに利用申し込み
  2. 認証

この2つの手順が必要になります。

NHKの放送受信料を払っていない場合は認証が通らないようになる見込みですので、不公平はないものと思います。

ちなみに受信料を払っている本人だけでなく、生計を同じくしている人も利用可能です。

 

また現在、有料の動画配信サービスとして運用されている「NHKオンデマンド」とは別になります。

後でくわしく解説しますがNHKプラスは常時配信も見逃しも、チャンネルや期間の制限があるサービスです。

今までどおりBSの番組が見たい方や期間の制限なく見たい方はNHKオンデマンドを継続するのがいいですよ!

 

スポンサーリンク

 

NHKプラスの利用申し込みと認証方法のやり方

NHLプラスは2020年4月1日から開始のサービスです。

それに先駆けて、不公平の無いように確実な認証を行うため3月1日から1ヶ月の試行期間が設けられます。

NHKプラスの申し込みや認証方法はまだ発表されていませんので、開始され次第追記しますね!

NHKプラスはネット常時配信と見逃しが見られる!でも時間制限あり

NHKプラスで行われるサービスは次の2つです。

  1. インターネット常時同時配信
  2. 見逃し配信

常時同時配信とは、テレビで放送されている内容をインターネットでも同時に配信するものですね。

見逃し配信は放送が終了した番組を見られるサービスとなります。

注意ポイントはどちらも時間・期間に制限があることです。

  • 常時同時配信:AM6時〜翌0時まで18時間(試行期間はAM7時〜)
  • 見逃し配信:原則放送終了後から7日間(視聴は24時間可能)

また対象は総合テレビとEテレのみでBSは配信されません。

個人的にはこれでも十分なサービスかな〜なんて思いました。

特に大河ドラマとか時間が微妙で見逃してしまいがちだったので、これが追加料金なしで見られるのはうれしいですね。

今回のまとめ

  • NHKプラスは受信料を払っていれば追加料金不要
  • 利用申し込みと認証を行えば利用できる
  • 常時同時配信も見逃し配信も時間制限があるので注意!
  • チャンネルは総合とEテレのみ(BSは配信なし)

どうせNHKのネット配信って料金が取られるんだろうなと思っていたので、追加料金不要は意外でした。

ただ今後どうなるかは分からないのが心配なところですね。

受信料を払っていない人に対しては何かアプローチがありそうというのは考えられます。

しっかりNHKの経営に関しては国民が見ていかないといけないですね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金

トーマスクック発行のトラベラーズチェックは換金できる?店舗はどこ?

ポイント

Chromeアプリとは具体的にどれのこと?検索ブラウザが終了しちゃうの!?

【最新】台風6号(2019)は大阪・関西に上陸する?米軍・ヨーロッパ進路予想

巻鰤のおすすめの食べ方まとめ【石川県・能登のお土産】

Tカードの複数持ちはできるの?デザインTカード購入の注意点まとめ

くるりポイとは何のこと?スーパーでのマナーあなたは大丈夫?