くるりポイとは何のこと?スーパーでのマナーあなたは大丈夫?

最近ニュース番組などで「くるりポイ」ということが話題になっていると知りました。

これはスーパーマーケットでの話みたいなのですが、内容を聞いてみると賛否両論あるだろうなと感じました。

私が普段行っているスーパーではいわゆる「くるりポイ」をしている人は見たことがなかったので、そういうこともあるんだなといろいろ考えてしまいましたね。

今回は以下のことを調査してまとめています。

  • くるりポイとは何なのか
  • くるりポイはスーパーにとって迷惑!?
  • くるりポイをしない方が良い2つの理由

くるりポイとは何のこと?

くるりポイとはスーパーマーケットでレジ後に袋詰めする時、お肉やお魚などを備え付けのビニール袋(ポリ袋)に詰め替えたりトレーを外してそのままかかっていたラップにくるんで持ち帰ることです。

スーパーではプラスチックトレーを回収しているお店も多いので、帰りにそのままそこへトレーを捨てていくそうです。

お肉やお魚だけじゃなく、猛者ともなるともずくや納豆まで詰め替えて帰るとか・・。

実際容量の多いお肉やサンマのトレーなんか特に大きくて捨てるにもかさばりますし、プラごみの収集は週1だったりするのでそれまで取っておかなきゃならないのは不便っちゃ不便ですよね。

くるりポイをしたことがある人や肯定的な方の意見をいくつかご紹介します。

Twitterを見ると多くはくるりポイはマナー違反ではないか?という声が多いものの、上記Twitterによるとサッカー台(袋詰めスペース)にトレーを捨てるゴミ箱が設置されているスーパーもあるんだそうで。

くるりポイが定着している所とくるりポイしてる人は見たことがないという所が分かれているのかな?と思いました。

私は関東出身、関西在住ですが実家でも今の近所でもくるりポイをしている人は見たことなかったです。

くるりポイはスーパーにとって迷惑!?

くるりポイはサッカー台で肉なり魚なりをトレーからビニール袋に入れ替えるわけですが、当然トレーを洗う水道は近くにないようでナマモノの汁が付いたままのトレーをリサイクルボックスなどに捨てていくことになります。

そうなると付いたままの汁が腐敗してコバエがわいたりニオイの原因に。

またリサイクル面でも汁が付いたままではリサイクルできないそうで、くるりポイはスーパーなどのお店にとっては迷惑になることのようです。

またTBSの「グッとラック!」の放送によるとトレーは衛星管理や鮮度保持に必要なので省くことができないとのこと。

これに関してはもう少し説明が欲しいところかなと個人的には思いました。

くるりポイはしないけど何でもかんでもトレーは必要ないんじゃないかと思っている方はたくさんいると思うんですよね。

現に鶏肉などはビニールパックで売っている商品はありますし、絶対にトレー無しができないわけではなさそうです。

プラトレーがあるからこその理由が分かればくるりポイをする方も納得するのでは?とも思いました。

プラごみの削減は世界中で言われてるし、今はストローがヤリ玉に上がってるけど全然プラスチックトレーの方が多いですもんね。

くるりポイは衛生的にも良くないと思うし私はこれからもやらないですけど、本当にプラトレーは無くせないのかについては考える余地があるんじゃないのかなと考えたりもしました。

くるりポイをしない方が良い2つの理由

くるりポイをする方は衛生面に気を付けてるよ!とおっしゃっているのですが、スーパーへの迷惑だけでなくやはり自分の衛生的にも良くないようです。

サッカー台の雑菌が食品に付く恐れ

サッカー台(袋詰めスペース)はキレイに見えますが意外とそうでもありません。

  • 床に置かれたカゴが乗せられる
  • 子どもが登ったりしているかも
  • 不特定多数の人が触る場所である
  • 泥が付いた野菜もある

けっこう雑菌の温床になりやすい場所であるので、その台でくるりポイをするのは食材が汚染される可能性が高くなると考えられるのではないでしょうか。

冬の時期はインフルエンザや病原性大腸菌(O-157)が流行る時期でもありますのであまりやらない方がよさそうです。

生肉やそのドリップ(汁)は思ったより危険

最近は衛生面での関心が高まっているので知られてきていますが、まだまだ生肉が衛生的に危険なことが浸透していない方もいらっしゃるようです。

生肉には病原性大腸菌やカンピロバクター、サルモネラ菌など食中毒の原因になる菌が付着しています。

食中毒菌は動物の内臓などにいて、それが肉に加工されるときに肉の表面にどうしても付くものなのです。

食中毒菌は新鮮な肉ならいない・・というわけじゃないんですね。

新鮮な肉にも菌はいるという認識がまだまだ薄いのかもしれません。

参照:広島市ホームページ「正しく知ろう!生肉の食中毒予防」

パックを開けることで他に買ったそのまま食べる野菜に菌が付いたりする危険も増えちゃうので、やはりくるりポイはあまりよろしくないと思います。

肉のドリップ(汁)がサッカー台に付くと他のお客さんの汚染にもつながります。

今回のまとめ

  • くるりポイとは、スーパーで肉や魚などのトレーを開けて中身だけを持ち帰ること
  • くるりポイはトレーを洗わず捨てることになるのでコバエがわく、ニオイ、リサイクルできないなどスーパーの迷惑になる
  • サッカー台は思ったより雑菌の温床、新鮮でも生肉には食中毒の菌がいるのでくるりポイはやらない方が良さそう

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

停電で懐中電灯を点けても暗い!一瞬で5倍明るくする方法!【ペットボトル・レジ袋】

台風で新幹線が運休!払い戻しまとめ|乗る前・乗車中・スマートEXの場合など

冬にiPhoneの充電減りが早いのは錯覚じゃなかった!原因と対策

過小給付問題で自分は対象っていつ分かる?失業保険や労災を過去に受けた人は注意

豚コレラなぜすぐにワクチンを使わない?理由はさまざまな人間への影響

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?